ホーム>スタッフブログ>2012年10月

2012年10月

ワールドNHK 名水柳の水

柳の水 入口.jpg

柳の水 入口 下.jpg

※クリックで拡大できます

 

先日、ワールドNHKの取材が入りました。

千利休がお茶に使われたとされる「柳の水」の話をしました。

たくさんのご近所さんが汲みに来られる姿をみて撮影スタッフも驚かれたんじゃないでしょうか・・・

その、柳の水で染めている姿を撮影して頂きました。

まず着物を染めて、その後お洋服を染める二本立てでかなり緊張しました。

いつもは、染めているときは真剣なので工場への出入りはお断りしてるのですが、撮影ということで入っていただきました。

染めている時は、お話できませんので後でインタビューがありました。

カメラがこっちを向いてデレクターの方とお話をしている所を撮っていただいたのですが、喉がからからになるぐらい超緊張~!

家紋工房の体験コーナーもアイドルの女の子が来てくれて遊んで帰られた所が撮影されておりました。

黒紋付きもこんな感じで家紋が描かれているという所も撮影していただき、実際モデルに着てもらっておしゃれな黒いきものに

366の花個紋が白生地に織り込んであり、黒に染めた着物に真っ赤な帯をしてとても斬新な感じで仕上がっています。

10月27日が放送日なのですが、とても楽しみです!

残念なことに日本ではインターネット配信だけです。がしかし、世界海外ではテレビ放送がされるみたいです!

 

撮影の記録はまた後日。お楽しみに♪

 

柳の水 石碑.jpg

※クリックで拡大できます

 

 

馬場

 

 

 

【黒染・服】お客様の声

本日届きましたお客様の声を掲載させていただきます。

馬場染工業株式会社様

Sです。

ありがとうございました。
連絡が遅くなりましたが、届きました。

パンツは化繊込みだったためチャレンジと言われておりましたがバッチリでした。
日焼けも消えてまた履いています。
コートは縮んでしまいましたが色は満足しています。
どちらも日焼けで色落ちが酷く捨てるしかないと思っていたのですが、また数年は着れそうです。

ありがとうございました。
また機会があればお願いしたいと思います。

【黒染・服】お客様の声

本日届きましたお客様の声を掲載させていただきます。

秋です。此度は帽子の黒染をきれいにして頂きありがとうございます。大変気に入っています。
以前のスタイルより締って見え、撮影行に重宝するようです。友人に見せたら「すごい!」と云って、
かぶってしまいました。私は顔が小さく55cmでは少し大きかったのですが、今回の染めで少し楽になったようです。
ご親切な対応に感謝です。
サンキュー!!
 
奈良県 T.T 様
 
手紙8.jpg

 

【京の黒染屋】竹の繊維で作られた5本指ぬき(ヨガ)ソックスが好評発売中です

 
指ぬきソックスを販売してから、2年程の月日がたちました。

常に店頭売りをしているのは馬場染工業㈱だけ!!

 

ふらっと寄って頂いた方。

見て購入したい方。

気合を入れて来られた方。

さまざまなのですが

指ぬきソックスヨガ用ソックスを一度購入して頂いたお客さんが

履いて自慢をされていてるおかげで

大好評で、びっくりです

中でも一番人気はヨガソックス

一人の方が何十足も買って帰られます。

次に人気は普通の指ぬきソックス。

やはり定番はすごいです。

もう一つ、自分用と母親用に買って帰られるのが、指ぬきソックスのゴム無しです。

寝るときに締め付けないからと、密かなブームです。

お風呂上りには、私も愛用しています(笑)

 

 

 

TEL075-221-4759

馬場

父の後ろ姿

 

ここは京都の真ん中。

私は中京区に生まれ育ち、仕事をしている父の後姿をずっと見ていました。

新しいことを考えては、いつも前向きにチャレンジしている姿、

たくさんの人の前で堂々と話をしている姿、

仕事仲間をとっても大切にしている姿、

染めているときの楽しそうな姿、

「おおきに」(京都弁でありがとう)を口癖のように言っている姿、

たくさんの後ろ姿を見てきました。

私にどこまでできるのかわかりませんが、私なりの精一杯で小さいところからコツコツとやっていけたらいいと思っております。

大きいことはできませんが、一歩ずつ前に進めれば良いとおもっております。

染めてはいつも思うのですが、お洋服を黒い染料の中に入れる瞬間はドキドキするもので、心の中で唱えます

「きれいに染まって喜んでいただけますように」。

そう思って、お客さんの喜んで頂いている姿を想像しながら染めております。

これからも、喜んでいただける染めをしていきたいとおもいます。

応援よろしくおねがいします。

 

五代目、馬場 麻紀

ページ上部へ